女の人

ほうれい線の原因となるたるみを改善しよう【医療機関での治療】

治療方法について

注射器

加齢からくるほうれい線

ほうれい線で悩んでいる人の多くは、加齢が原因とされるほうれい線です。加齢からくるたるみなどの原因でできてしまうほうれい線は深いものがほとんどです。エクササイズや食生活で治そうとするのはどうしても限界があります。したがって、クリニックでの治療が最も効果的です。以下で、クリニックが提供するほうれい線解消の施術を紹介します。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸の注射は、たるみなどが原因でできたシワに直接ヒアルロン酸を注入する方法です。ヒアルロン酸を皮膚の下に注入することで、皮膚の下からシワになっている部分を盛り上げてくれるのです。ヒアルロン酸の注射による治療は、ほうれい線の改善に即効性が高いとされています。また、注入した箇所が盛り上がりすぎて目立ってしまうといった場合は、注入されたヒアルロン酸を体に早く吸収させる方法もあるので、安心して施術に取り組むことができます。体内に吸収されてしまうので、定期的に注入する必要がありますが、施術時間はおよそ10分程度で終わり、ダウンタイムもほとんど無いのでとても人気な施術方法となります。

高周波治療

ヒアルロン酸注入はほうれい線の対策としては優れていますが、高周波治療は肌にコラーゲンを作らせる施術になり、比較的根本的な治療方法と言えるのではないでしょうか。高周波治療は顔全体に効果が現れて、継続的に施術することでさらなる若返り効果を得ることができます。したがって、たるみを改善できます。高周波の熱で意図的にヤケドを作り、そのヤケドを修復するためのコラーゲンを細胞自身に作らせる施術になります。約1か月~半年治療する必要がありますが、高周波治療はコラーゲンの再生を促すのでほうれい線の改善の他にも、肌のハリツヤを出す効果もあるとされています。

スレッドリフト

スレッドリフトとは、特殊な針を使って皮膚の下に糸を通し、糸によって肌を持ち上げる施術になります。肌のたるみで悩んでいる人にはおススメの治療方法です。針を刺した場所から糸を抜き出すので、切開のように傷痕が残ることはありません。また、糸によって肌に刺激が与えられるので、コラーゲンの生成能力を高めるとされています。スレッドリフトの方法でほうれい線の治療をした場合、ほとんどダウンタイムがありません。1年~2年で糸が肌に吸収されるため、継続的に施術を行なわなければなりませんが、傷痕が残らずダウンタイムが無いのはとてもメリットが大きいと言えます。

フェイスリフト

フェイスリフトは切開が必要な施術になります。耳周りの皮膚を切開してフェイスラインを整えます。切開が必要な施術になりますので、信頼できる医師に依頼することが大切です。フェイスリフトは、約10年は効果が継続できるとされていますので、定期的に通院する必要が無いとされています。術後のダウンタイムは個人差はありますが1週間程度かかるとされています。フェイスリフトの場合は、切開を行なうのでやり直しがききません。慎重にクリニックを選びましょう。

Copyright © 2017 ほうれい線の原因となるたるみを改善しよう【医療機関での治療】 All Rights Reserved.