自分に合った治療でシワのない綺麗なお肌

ほうれい線の原因となるたるみを改善しよう【医療機関での治療】

ほうれい線の原因

鏡を見る女性

ほうれい線には2種類

ほうれい線があると老けて見えてしまうため、ほうれい線ができてしまう原因を理解して対策しましょう。まず、ほうれい線には主に2種類あります。それは浅いほうれい線と深いほうれい線です。浅いほうれい線は、表情の癖や乾燥肌が原因といったように表皮性のシワだと言われています。年齢に関係なくできるシワとされており、20代でもできてしまう恐れがあるので注意が必要です。

浅いほうれい線

こうした浅いほうれい線を解消するには原因を除去するのが最適ですが、表情の癖を治すにはかなりの苦労が必要です。そこで最近では、スキンケアが注目されています。保湿成分が多く含まれるヒアルロン酸などを使ってシワを解消する方法が挙げられます。浅いほうれい線は表皮性のシワですので、肌の保湿を徹底することが大切です。それ以外には、ボトックス注射による施術を受ける方法が挙げられます。ボトックス注射により、ほうれい線にたんぱく質を注入することでシワを改善します。即効性があり、最近では多くの人に注目されています。医療機関による施術になりますので、まずは相談してみましょう。

深いほうれい線

一方、深いほうれい線の場合は、加齢が主な原因となるほうれい線になります。加齢により肌の内部にあるコラーゲンやエラスチンが減少したり、筋肉が衰えたりすることによる「たるみ」でシワが出来てしまいます。コラーゲンやエラスチンは加齢によって徐々に減少していくので、意識的に摂取することを心がけましょう。深いほうれい線に対する対処法として、コラーゲンの生成が不可欠です。コラーゲンの生成には、レチノールやビタミンC誘導体が有効とされています。また、深いほうれい線を治す場合は栄養素も大切ですが、たるみを改善することも大切です。たるみを改善する方法としてヒアルロン酸注射があります。ヒアルロン酸の注入によって、顔全体のたるみを改善し、顔自体を引き上げてくれます。

対処法について

その他に、レーザー治療を行なう方法が挙げられます。この方法は、ヒアルロン酸の注入と違って肌本来の働きを向上させるものとなります。コラーゲンの再生を促すことでほうれい線を改善するのです。これに加えて、肌のたるみを改善するエクササイズを行なえば、ほとんど自分の体の働きで治すことが可能です。

自分に合った対処法

このように、ほうれい線には浅いほうれい線と深いほうれい線があり、それぞれ原因と対処法が異なります。自分がどのタイプのほうれい線なのかをまずは確認しましょう。そして、エクササイズなどで努力をしても治らない場合は医療機関へ相談することが大切です。ボトックス注射、ヒアルロン注射、レーザー治療などさまざまな方法があるので自分に合った改善方法を選びましょう。

治療方法について

注射器

加齢によるたるみによって引き起こされるほうれい線は深くなっている場合が多いので、クリニックによる治療が必要です。ヒアルロン酸注射による方法や、高周波治療などさまざまな施術方法があります。

クリニックの選び方

鏡を見る女性

ほうれい線はコラーゲンの減少やたるみによって引き起こされますが、自宅での対処には限界があります。経験豊富な医師が在籍している所や、保証サービスがしっかりしているなど信頼できるクリニックを選びましょう。

たるみについて

カウンセリング

たるみやほうれい線に悩まされている女性は、世の中にどれだけいるのでしょうか。今では美容クリニックでそれらの悩みを解決することが大出来ます。まずはたるみについて基本情報を知る必要があります。

Copyright © 2017 ほうれい線の原因となるたるみを改善しよう【医療機関での治療】 All Rights Reserved.